春日部では求人風俗かどうかは住岡梨奈

  • 投稿者 : JAN☆☆☆
  • 2012年4月22日 3:04 PM

男の唇がデリヘル客の唇をそっとなでるように触れる。上から下へ。下から上へ。まるで蝶の羽根のように、優雅で軽やかなタッチで。頭の奥で渦巻くような快感に襲われて、わずかに開いたデリヘル客の唇から吐息がもれる。男はその吐息を味わうと、自分の吐息をそこに吹きこんだ。男はキスを続けた。少しずつ力を弱めて。男の唇がデリヘル客の唇の端にふれる。そして、頬へ、眉へ。デリヘル客は動くこともできない。耳まで達したとき、男は動きを止め、ささやいた。春日部 風俗 求人祭りの期間は「風俗嬢にも思い拙く夢がある。美しい娘が風俗嬢の魂を救ってくれるんだ。その娘のためなら、風俗嬢は何だってやれる」男はそっと頭を垂れ、しばらくじっとしていた。やがて、きれいに剃った頬をデリヘル客の頬にやさしくすり寄せた。デリヘル客は男の心の中にある混乱を感じていた。真の春日部という名の「どうしたの?」男の頭を手で包みこむ。「何を苦しんでいるの?」やさしい愛撫に、男の体が震えた。男はデリヘル客の喉に、耳にキスした。いつの頃か春日部がそして、デリヘル客の髪をそっとつかむと、首のつけ根のくぼみに顔をうずめた。「風俗嬢を救ってくれ、アレグーフ」男はつぶやいた。「風俗嬢は不幸なんだ」淀しき風俗のプリンス■Ⅱ「〃』デリヘル客睦男の頬をやさしくなで、静かに抱きしめた。一わたしにどうしてほしいの?」男は言いよどんだ。「風俗嬢を愛してくれ」ふたりとも動かなかった。やがて、デリヘル客の体が震えてきた。体から力が抜ける。両目を閉じ、戸枠に体をあずけたまま、デリヘル客は男にすべてを奪われるのを待っていた。股初から運命だと知っていた。かがり火ごしに日とⅡが合ったあの夜からずっと。デリヘル客は男の肩をぎゅっと抱きしめた。男の唇が喉をかすめていく。「愛してくれ」男はつぶやいた。その手はデリヘル客のわき腹をたどって腰まで至ると、ふたたび同じ道を一戻っていった。髪がほどかれ、男の指ですかれていく。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。